<< コンピューターが将棋で人間に勝つ!: 第2回電王戦観戦から | main | 14th April 新入りを誘うかい >>

4th CT 良い手を褒める会(3)

0
     
    新入生のみなさん、ご入学おめでとうございます!!

    そして、先日の活動に来て下さった新入生の方、ありがとうございます!
    是非チェスサークルに入って下さい!
    初心者でも全く問題ありませんよ!
    というか、うちのサークルに入ってからチェスを始めた人がほとんどですからね!

    しばらくしたら詳しいサークルの紹介とか良いところとか雰囲気とかを
    2年生が書いてくれると思いますから、出来るだけこのブログもチェックしてください!

    まだ活動にきてない方、サークルHPに活動予定が載ってますから、ぜひ一度来てみてください!



    さて、4th CTはほとんどの試合を消化しました。

    良い手を褒めるシリーズもこれが最後です。全体の総括はここか、ホームページに載ると思います。ここでは良い手を褒めまくります。

    良い手は私の主観なのでご了承ください(定型文)




                  White to move                  
                 Position after 16...a6-a5

    ワンポーンupの黒 vs. 展開が早くキャスリングを阻止している白という構図。
    黒が邪魔なビショップをどかしにかかりますが・・・

    17.Qc5!

    狙いはQxc6+とQe7#の2つ、そしてそれを同時に防ぐ術はありません!

    17...axb4 Qxc6+ 18.Ke7 Qxa8

    白エクスチェンジアップの上にc8のビショップが動けません。
    以下、白が順当に勝ちました。

    とりあえず17.Bd6とかやるものだと思っていましたが、ビショップを逃げないという発想に脱帽です。


    次が記念すべき最後の「良い手」、最近かつリアルタイムで見ていたこともあり、最も印象に残っています。



                  Black to move 
               Position after 15. Re1-Rxe6 

    白が怪しげなサクリファイスを繰り出したところ。
    まあ、15...fxe6でも受け切れそうですが、黒の返しが強烈でした。

    15...Nc5!

    Super Knight Fork!!

    16.Qe2 Nxe6 17.Nxe6 fxe6 18.Qxe6+

    と受け止めて黒ルークアップ。以下、白の反撃を丁寧にいなして黒が勝ちました。

    サクリファイスに動じず、反射的に取りそうなところで思考を止めず、反撃手を繰り出したことに拍手喝采です。



    ここまで3回にわたり良い手を紹介しました。
    ここにも載せられなかった良い手・熱戦もたくさんありましたので、上のページから棋譜を見てみてください。

    もしここまで意味不明な記号につきあって下さった1年生の方が居ましたら、上の4th CTのページでは実際に駒が動いて対局が再現されていますので、もしよかったらどうぞ。

    まだ1局残っていますが、参加者の方、大変お疲れさまでした。
    このCTが皆様の棋力向上に少しでもつながったなら幸いです。


    次回もしやるなら参加しよっかなー・・・

    スポンサーサイト

    0
      • 2017.07.24 Monday
      • -
      • 23:20
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      calendar
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << July 2017 >>
      PR
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM