<< 新歓だよぉ | main | ジャパンリーグ >>

仙台七夕チェス大会レポート

0

     

    こんにちは!

    ホワイトナイツ修士2年のあべたです!!

     

    7/8に開催された、仙台七夕チェス大会に参加してきたので

    簡単な報告とゲームを一個紹介したいと思います。

     

    意外と知られていませんが

    仙台チェスクラブは全日本予選である東北選手権以外にも

    毎年1月、7月、10月の上旬に1日4Rの大会を開催しています。

     

    今年も例に漏れず開催されたわけですが

    今年は関東からの遠征勢が多くいらっしゃいました。

    その数なんと5人!!

     

     

    慶應大学や筑波大学、さらには社会人プレイヤーも集まって

    ローカルな大会にしては珍しく大賑わいでした。

     

    東北大生としては、

    大会のために東京にいくのは交通費滞在費面で負担になってしまうので、

    毎年どの大会に出るのか吟味したうえで遠征しているのが現状ですが

    関東からも来てくれるようになり、いい刺激になります。

     

    特に学生が仙台に来てくれると、

    外部との交流に乏しい東北大としては

    交流の機会がグッと増えるので喜ばしいです。

    東北勢が東京に遠征する大変さを思い知るがいい

     

    大会の雰囲気的には

    いつも同じメンバーが集まるので

    例会とあんまり変わらないな、といったところに

    新しい風が吹いてきた!って感じですかね。

    特に後輩たちには

    いい刺激だったんじゃないでしょうか。

     

    私からは以上です。

     

    以下、ゲームの紹介です。

     

     

     

     

    紹介するゲームは3Rの本田くん戦です。

     

    本田くんとは今のところ2勝3敗と

    なかなかいい勝負をしています。

    直近の対決では

    僕がピースを切ってキングを仕留めようとしたところ

    何か知らんがクイーン落ちのフォークが入ってしまったでござるの巻

    みたいな内容でした。

     

     

    それではお楽しみください

     

    仙台七夕チェス大会3R

    本田くんvsあべた

     

    1. e4 Nf6

    初手e4に対して最強だと信じてやまない1....Nf6 Alekhine Defenceです

     

    2. e5 Nd5 3. c4 Nb6 4. c5 Nd5

    Chase Varietion.

    その名の通りナイトを執拗に追いかけまわします。

    この変化はカオスな局面になりがちで、本田くんの棋風と相性がいいと思います。

    今まで本田くんにはこの変化を指されたことがなかったのですが、

    4.c4とされて、「あぁ、ついにこの変化がきてしまったか…」と身構えます。

    カオス局面でのアタッキングプレーが本田くんの真骨頂…受けて立ちましょう!

     

    5. Bc4 c6 6. Nc3 d6

    メインラインは5....e6, 6....c6とガチガチに固めてからg5やb6から反撃するのですが

    今回はサイドラインである5....c6をチョイス。

    黒の不思議な1手、9....Kd7!が見どころの変態的バリエーション(9....Kd7は本譜では登場しません)

     

    7. Qf3? 

    一見f7へのアタックが強力に見えますがこの手はあまり良くないとされています。

    なぜなら…

     

    7....Nd7!

    この手に白は困ってしまいます。

    狙いは8....Nxe5 で、この1手にはポーンアップすること、f3のQとc4のBに同時攻撃を仕掛けること、

    挙句の果てにはf7を守ることの3つの意味があります。

    c4のBを交換してしまうと伸びきったポーン形だけが残ってしまい、黒が指しやすくなります。

    白は7.Qb3 と指す方がよかったでしょう。

    7....Nd7 8.Nxd5 Nxc5(この時c4のBが攻撃されない)9.Nc7+ Kd7!! 10.Qe3 Kxc7と続きます。

    図はそれぞれ7.Qf3(本譜)とQb3とした場合の8....Nxe5(および...Nxc5)の瞬間です。

         

     

    8. d4 

    これでNがe5に来れないようにしますがあまり解決になっていません。

     

    8....dxc5 9. Bg5 Qb6?

    ここで黒の僕が変な手を指してしまいます。

    素直にポーンを取ってよかったのに、展開が遅いのを気にしてピースを出すことを優先しました。

    これが最初のミスです。

    これにより黒優勢だったのがだいぶイーブン近くにまで引き戻されます。

     

     

    この続きは下のPGNでご覧ください。

    面倒くさくなったとかそんなんでは決してない

     

     

    オープニングでよくなっても結局はミスしたら意味ないんですよね、ハイ。

    優勢とか勝利はノットイコールです。

    そういう意味では相手にミスさせたもん勝ちだし、自分から攻撃する棋風を身に着けたいなぁと思いました。

    ゲーム紹介は以上です。

     

    最後までお付き合いくださりありがとうございましたーー。

     

     

     

     


    スポンサーサイト

    0
      • 2017.08.15 Tuesday
      • -
      • 22:10
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      calendar
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << August 2017 >>
      PR
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM