<< 光のページェントに行って来ました!(*^▽^*) | main | 桜は満開ですね >>

学生選手権2016 自戦記

0

     

    みなさんこんにちは、ホワイトナイツ修士1年の(東北大学とは言っていない)あべたです。

     

    紆余曲折あって僕が学生選手権の記事を担当することになりました。

    いやいやお前東北大学じゃねーだろwwって突っ込みは

    もうクラブ選手権の時に散々言われたので勘弁してくださいな。

    (クラブ選手権では東北大学の一員として参加していました)

     

    始めましての方のために補足すると

    僕は筑波大学チェスサークル所属ですが、出身が名取市(仙台の隣町)という縁もあり

    帰省の度にホワイトナイツの部室に顔を出したり

    仙台チェスクラブに定期的に足を運んだりしています。

    だから僕も立派なホワイトナイツの一員です!!!(??????)

     

     

    ともあれ学生選手権の様子を簡単に紹介します。

    学生選手権の様子が少しでも読者さんに伝わってくれれば幸いです。。

     

    それではさっそく、学生選手権の振り返りをば…


     

     

     

     

     

    学生選手権が開催されたのは年末の12/27,28の2日間です。

    今回はホワイトナイツからは本多君、愛知君(2日目のみ)、木村君、中澤君、長坂君の5人(+僕)が参加しています。

    それでは初戦のから…っと思いきや

    初っ端から部内戦が勃発してしまいました。

    東北大学の上級生と1年生ではレーティングに差があるので1Rはその関係で当たりやすいかもしれないね。

     

    ところが長坂君まさかの遅刻で不戦敗。(部内戦は回避されたのだ)

     

    これも含めて1Rは全部リスト上位者が勝利したみたいです。

    この時点では今大会がここまで荒れるとは誰も思わなかったことでしょう…

     

    2Rはちょっとした事件でした。

    何と2Rのうち半分のゲームでアップセット(リスト下位者が上位者からポイントをもぎ取る、つまり番狂わせ)が起きたのです。

    もともと学生は試合数が少ないという背景もあり、レーティングという数字が全然あてにならないとはいえ

    半分がアップセットは驚きの一言に尽きます。

    Q. ここは魔境ですか? A. はい、そうです

     

    3Rでもビッグイベントが…

    2Rでリスト3位のプレイヤーに勝利した慶應大学の1年生Y君が、今度はリスト4位のプレイヤーに勝利しました!

    彼はなんとJCAの大会は2回目とのことで(1回目はクラブ選手権だが、3局しか指しておらずレーティングはついていない)

    リストも最下位からのスタートでした。

     

    4Rのペアリングが発表されると会場にどよめきが…

    なんと台風の目になっているY君が今度はリスト1と対局することに…しかも1番ボード!

     

    リスト最下位でスタートしてリスト3,4位に連勝して1番ボードまで上り詰めてくる…

    そんな熱い展開の漫画、どこの雑誌で読めるんでしょうねぇ(すっとぼけ)

     

     

    とまぁこんな具合で1日目が終わり、2日目に突入です。

    始めっからカオスな展開でしたが、上位陣同士もぼちぼち当たり始めるので

    ここからもっと面白くなりそうです。

     

    …ここまで書いて思ったけどアレだ、1日目がいろいろありすぎたせいで

    2日目が相対的に普通だったから特筆することないや(投げやり)

     

    遅刻はだめですよってくらいだ

     

     

    こんな具合のカオスな大会を制したのは慶応大学の小林君です!

    5.5/6ポイントという他の追随を許さぬ強さを見せつけてくれました。

    優勝おめでとう!(今更感)

     

     

    一方自分はというと、

    1R: 白番、壮絶なRエンドの末勝ち

    2R: bye

    3R: bye

    4R: 黒番、展開が壊滅的に遅くて攻め滅ぼされる。負け

    5R: 白番、ピースを切って豪快に攻めるのは自分にしては珍しいと思いながらも攻めつぶすことに成功。勝ち

    6R: 黒番、終始ほぼ互角なままエンドゲームに突入し頭を悩ませながらもなんとか勝利。

     

    の合計4ポイントでした。

    去年と同じポイントですが、タイブレークがそこそこあったので順位は昨年より上でフィニッシュ。

     

    今年は番狂わせも多く、下級生たちの存在感が強かった大会だったように思います。

    パワフルな下級生たちがいることが実感できて、

    学生チェス界はこれからももっと盛り上がりを見せてくれるのではと期待したいところです。

     

    以上が学生選手権の簡単な報告です。

     

    自戦記記事ということなので

    最後に今大会のなかでも一番頭抱えたゲームである6R目のゲームを紹介したいと思います。

    ホワイトナイツ元部長の木村君が対局相手なのでホワイトナイツの大会記事にもちょうどいいかなー

    というわけでご覧ください。

     

    12/28 学生選手権6R 60min+30sec/move

    木村 - 阿部
     

     


    スポンサーサイト

    0
      • 2017.04.17 Monday
      • -
      • 19:47
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      calendar
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << April 2017 >>
      PR
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM